よくある質問

痛みが苦手で鍼をためらってます。出血や傷痕なども不安です
当院では 「0番鍼」 と 「てい鍼」 の二種類を使用しています。
 
0番鍼は毛筆と同程度の細さです。刺すのはほんの1,2カ所、深さはわずか1~2ミリです。出血や傷痕の心配もありません。大半の方は刺された事に気づきません。
   
てい鍼は、丸い先端を接触するのみで、刺さない鍼です。刺す鍼と変わらない効果があります。刺さないので出血も傷痕も残りません。
 
いずれも弱刺激で、特異体質でない限り痛みを感じません。

 

細い鍼を浅く少なめに刺すより、太めの鍼をたくさん刺す方が効き目がありそうに思うのですが・・・
確かにその方が「療治した」という心持ちになりそうですが、実際は正反対です。
 
神経は身体の異変を敏感に察知します。過剰な刺激に対しては、伝達を拒否したり半減させたりします。
 
その結果、神経は麻痺状態になり、治療を受けた方は一時的に「おっ、痛みが消えた?」と感じますが、実際は神経との折り合いが悪化して健康を害しているのです。
 
本来人体は、わずかな刺激からでも、内包する生命力を引き出せるようにつくられています。きちんと検査をし、正しい施術を行えば、身体は必ず良い反応を返してくれます。微弱刺激の鍼をお薦めするのは、こういった理由のためです。
 
尚、本院では対症療法は行っておりません。
全身の回復力や機能向上に働きかけ、体質そのものを改善する効果に努めております。

 

鍼の管理について
鍼は全て使い捨てを使用しておりますので、衛生的にも安心していただけます。

 

気功ではないのですか?
気功とは全く異なります。東洋医学というよりも現代医学の知識を基に行う全く新しい鍼治療法です。人体は有害な物に触れると筋肉が緩むようになっています。その働きを利用して検査します。
 
検査・施術の詳しい説明は→こちらをクリック

 

どんな人が来てくれるのですか?
厚生省認可の国家資格取得のはり灸師(女性)が担当し、訪問施術しますので 安心です。

 

訪問前に気を付けることはありますか??
当院で行う施術は、体の小さな反応をみます。
携帯電話などの電磁波は、その施術の妨げになりますので以下のことをお願いしております。
 
1.携帯電話の電源は切っておいてください
2.普段携帯電話を充電している部屋・ホットカーペットが敷いてある部屋での治療は避けてください。

 

駐車場がないのですが・・・
毎月決まった曜日・時間帯であれば警察署に駐車許可の申請書を提出すれば、お近くの路上に駐車する事も可能です。手続きは当院で全て行います。

 

部屋が狭くても治療できますか?
たたみ1畳分のスペースがあれば大丈夫です。
 
ベットのままでの治療も可能です。

 

治療中の服装について
鍼は1~2か所後頭部に刺す(又は接触する)のみなので、肌を露出する事はありません。
 
患者着に着替える必要はないのですが、締めつけの強い下着・くつ下・服装より、ゆったりとした服装の方が効果的です。
 
また、アクセサリー・時計・補聴器等の金属類は検査の妨げになるので、必ずはずして下さい。

 

どんな体勢で治療するのですか?
検査中・・・ベット又は椅子に座った姿勢 
治療中・・・うつ伏せ又は座った姿勢   が多いです。
 
うつ伏せ、座る事が困難な方でも、寝たままの状態で仰向け・横向きの検査・治療も可能です。

 

一週間に何回ぐらい来てくれるの?
一週間に1回~4回ですので、ご希望・症状によって回数を決めましょう。

 

施術時間はどれくらい?
3回目以降は施術準備・片付け・検査を含む50分前後です。(個人差あり)鍼を刺す時間は1回30秒以内です。施術前後に行う検査に時間を費やし、治療後確実に良くなっているかどうかの確認は必ず行います。

 

料金はいくらですか?往診費は?お車代は?
往診費も含めて保険適用です!
 
一割負担の方は 330円~570円になり、お車代はいっさいいただきません。

 

料金の支払い方法は?カードOK?
毎月月末(その月の最後の施術日)に集金させていただきます。
 
その際その月の自己負担分の請求書と領収書をお渡しいたします。
 
尚、カードのお支払いは受付けておりません。

 

毎回 保険証は必要?
初回と保険証が切り替わる時のみで結構です。
実物ではなく保険証のコピーを用意して下さい。

 

同意書って何?
医師から訪問でのはりきゅうが必要である事を証明していただく診断書です。
同意書を書いていただく事で医療保険による訪問鍼灸が受けられます。

 

同意書の用紙はどこに置いてあるの? 書き方は?
同意書の「用紙」は当院で用意してあります。
 
本人もしくはご家族に書いていただくのは 住所・氏名・生年月日のみなので1~2分で終わります。また一人暮らしで手の不自由な方はこちら(施術者)が書いても問題ありません。
 
詳しくは無料体験の際、治療後に説明いたします。 →こちらをクリック

 

同意書はすぐ発行してもらえるのですか?
かかりつけ医師に直接手渡した場合、当日書いていただける場合が多いです。
 
何か問題がある場合いつでもご相談下さい。

 

病院の施術を受けていても保険は利くの?
当院の鍼灸施術を受けている間、他の病院で同じ病名(同意書に書かれている病名)で保険施術を受ける事はできません。ただし、他の病名、同じ病名でも診察や検査については併用する事ができます。
 
例*鍼灸保険で腰痛や神経痛の施術をしている間に、整形外科で湿布やお薬をもらった。
(このような場合は鍼灸施術は全て、”自費料金”となります。)

 

介護施設内でも受けられるの?
グループホーム、有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)などの施術も行います。

 

家族も一緒に受けられるの?
はい、可能です。要支援以上のご家族の方もお医者様の同意があれば、一緒に受けることができます。
 
自費治療の方(通院できる方)も、患者さんの治療後であれば低料金で受けられます。(3,000円)