院長紹介

院長めぐり鍼灸院 院長
大迫加代子
 
厚生労働大臣認定国家資格
はり師・きゅう師
 
人間総合科学大学にて、「機能解剖学」「機能運動学」「特定筋刺鍼」「物理療法」を修了
 
サザンカリフォルニア大学にて、「解剖実習」「臨床講義」「診察法講義および実習」「スポーツ臨床学」を修了
 
修了書
 
研修

本当の自立と、家族の負担を軽減するための施術を追求します

訪問マッサージや訪問鍼灸が増えています。あなたのもとへも、たくさんのDMが届いたりしていることでしょう。
 
その中で、どの院の施術が本当に良いのか、わからなくなっているのではないでしょうか?
 
なぜなら、どの院も、似たり寄ったりな内容が多いからです。
 
そんな数ある訪問マッサージ・訪問鍼灸のなかで、私は次のようなことを追求しています。
 

①リハビリせずに、身体の機能を回復できるようになっていただくこと

流れ要介護の方への施術では、リハビリが含まれることが多いです。
 
しかしそのリハビリがツラくて、途中で諦めてしまう人が非常に多いです。
 
途中で諦めてしまっては、結局は元の寝たきり状態に戻ってしまいます。
 
ですから私は、リハビリを行わず、鍼灸施術で、脳機能・からだのゆがみの調整・筋肉の調整を行って、身体の機能回復をしていただきたいと考えています。
 

②転ばないような機能回復を

機能回復ただ機能回復するだけですと、ほとんどの方が「転倒」してしまいます。そうして、また寝たきりになってしまう人が、少なくありません。これでは意味がないんです。
 
これは身体の機能(筋力や関節の可動域)が回復しても、脳がその体に追いつくことが出来ていないんです。
 
特にリハビリを含む訪問施術に、こうなってしまうことが多いです。
 
当院では鍼灸で神経にもアプローチすることが出来るので、脳が体に慣れて、転倒しないような身体に戻っていたくことを追求しています。
 

③要介護の方の本当の自立を通して、家族の負担を減らす

リハビリリハビリせずに身体の機能回復を目指す。そして転倒しない身体に戻っていただく。
 
そうすれば、自分の好きな時にトイレに行けますし、お風呂にも入れます。もしかしたら、一人で外出できるかもしれません。
 
そしてそうなれば、家族の負担も減って、あなたの家族が自分の時間をもっと持つことが出来るかもしれません
 
そんなことの実現を追求するのが、めぐり鍼灸院の、私の使命だと思っています。
 
理念
 
そのために国家資格を取りました。解剖学・生理学・臨床医学・衛生学などを学びました。
 
アメリカに行って解剖の現場での実習も行い、人間の身体を使って、身体の仕組み(どのように筋肉がついているのか、骨格が支え合っているのか、神経がどのように伸びているのか etc)を学んできました。
 
そして日々、たくさんの方に施術を行っています。
 
あなたは訪問施術に何を求めていますか?
 
ただ気持ちよくなりたいだけなのであれば、当院の施術は合わないと思います。
 
しかし!本当に身体機能の回復を望んでいるのであれば、私はお役に立てると思います。
 
リハビリせずに身体の機能回復を目指す。そして転倒しない身体に戻っていただく。そうして自立できるようなり、家族の負担を軽減していく。
 
こんなことに共感できる方は、めぐり鍼灸院に、私にお任せください。
 
いつでもご連絡をお待ちしております。